大倉山古楽サロン

2014年にチェンバロのメンテナンスをしたところ「これぞチェンバロの響きだ」と感動するほどよい響きになりました。2015年1月24日の演奏会が大変好評だったので、この度「大倉山古楽サロン」をはじめることにしました。

ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロを生かした催しをとおしてたくさんの楽しいをクリエートして参ります。ご提案も受け付けます。なにかご希望があればお知らせ下さい。

大倉山古楽サロン 神戸愉樹美

サロンのチェンバロ

好評につき日曜に追加開催

日本の胡弓は、日本唯一の伝統的な擦弦楽器です。胡弓は、17世紀初頭に文献に記されましたが、 その後の史料は整備されておらす全貌はわかりませんでした。今回は、画像を蒐集して研究された 加納マリさんが、元禄時代までの凡そ50枚の画像を文献と対照しながら解説をして下さいます。資 料の性格上、高画質で公開されにくいので貴重な機会だと思います。昔と今の胡弓はちがったのか しらなど、ご興味のある方でしたら何もご存知なくても、また愛好家から専門家まで、気楽にご参 加いただけます。お茶を飲みながら楽しいひとときをどうぞ。

お話を伺うシリーズ

胡弓の歴史的画像を観る会

チラシ

日 時 日時:2016年12月11日(日)13時~
会 場 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
講 師
  • 講師:加納マリ 音楽学(日本音楽)
  • 武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了、芸術学修士。ハワイでの環太 平洋ガンバ大会2007で胡弓の演奏を交えて紹介。武蔵野音楽大学非常勤講師。東京国立文 化財研究所芸能部非常勤研究員(1982~1985)。京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター 共同研究「胡弓の源流と受容」(2009)研究員。論文は「初期の胡弓について」(『日本伝統 音楽研究』第8号、2011)の他、舞楽についても多数。2003年から文化庁芸術祭音楽部門等 の審査員。

会 費 大人2000円 学生1000円
定 員 20名 要予約
問合せ 随時承ります。主催欄の連絡先からどうぞ。
予 約 11/4から受付開始。下記、または、申込フォーム「ここ」よりどうぞ。

※ 携帯メールアドレスをお使いになってのお申し込みの場合、「so-net.ne.jp」からのメールをお受け取りいただけるよう、ドメイン指定受信等の設定をお願いいたします。

主催 大倉山古楽サロン T. 045-532-2696 F. 2697(神戸)

▲このページのトップにもどる


ヴィオラ・ダ・ガンバ コンサート

第4回 バス・ガンバとチェンバロで聞く、イギリス編

チラシ

日 時 2016年9月24日(土)
午後の部15:00開演
夜の部19:00開演
場 所 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
出演者
  • 神戸 愉樹美(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
  • 坂 由理(チェンバロ)
    • 東京藝術大学作曲科卒業。
    • アリエノール・ハープシコード作曲コンクール奨励賞受賞
曲 目
  • T. ヒューム: 聞いて聞いて/兵士の決意 Vdg. Solo
  • Chr. シンプソン: プレリュードとディヴィジョン ホ調 Vdg. + Cem.
  • フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブックより Cem. Solo
  • 現代曲:未定   他
入場料 要予約 先着 20 名 入場料(茶菓付き) 2000 円
(パトロン席4席 4000円/大学生 1500 円/高校生以下 1000 円)
問合せ・予約 8月1日より受付開始
「独奏を聞く会」 080-3551-1656 kikukai.solo@gmail.com
または、当サイト設置の申し込みフォーム(受付開始日に設置)より
  • 「チケット種類×人数」
  • 「お名前・御連絡先」
をお知らせ下さい。

コンサート参加申し込みフォーム

※ 携帯メールアドレスをお使いになってのお申し込みの場合、「so-net.ne.jp」および「gmail.com」からのメールをお受け取りいただけるよう、ドメイン指定受信等の設定をお願いいたします。

▲このページのトップにもどる


大好評だったバッハに続いてフランス音楽を3回シリーズで取り上げます。

★ピアノを弾く方のためのチェンバロ講座 チェンバロの魅力

-フランス・クラヴサン音楽の華-

その1 フランスの装飾とフレーズ入門

「これがチェンバロの響き!」を体験していただく講座です。
講師は滞欧17年の豊かなご経験の持ち主、桒形亜樹子先生です。

初心者や子供から専門家まで、また試奏をせずに聞くだけでも、
楽しい雰囲気のうちにご参加いただけます。

チラシ

日 時 日時:2016年9月11日(日)13:00 開催
会 場 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
講 師
  • 講師:桒形亜樹子先生
  • 東京藝術大学附属音楽高校、同大作曲科を経てドイツ政府奨学生としてデトモルト音楽院、シュトゥットガルト芸術大学のチェンバロ科修了。国家演奏家資格取得。パリに移りセルジー国立地方音楽院等で教鞭を取る傍ら欧州各地で演奏活動に従事。文化庁在外研修員としてイタリア、スペインでチェンバロ、オルガンの研鑽を積む。パリ、ブリュージュ、ライプツィヒ国際チェンバロコンクールで上位入賞。2000年に帰国、現在東京藝術大学非常勤講師、松本市音楽文化ホール講師。

曲 目
  • 第一部 講師による楽器や奏法の説明と演奏
  • 第二部 試奏希望の皆様の演奏と講師からのコメント
参加費 大人 3,000円 / 子供 1,500円 / 大人の聞くだけ 2,000円
定員 試奏希望と、聞くだけの方を含めて20名 いずれも要予約
試奏希望の方

予約時に試奏希望とお申し出下さい。先着順で7人までです。
曲目は、F.クープラン「クラヴサン奏法」よりプレリュード、ラモーなどの小品から、
技術的に易しい曲を推奨します。相談に応じます。
5分位の曲をご用意いただき、先生の指導の下で1人20分の試奏ができます。

使用楽器 堀栄蔵・池末隆 1983作 フレンチ・フレミッシュ
二段鍵盤  8’8’4’ 音域G1-e3
問合せ・予約 8/1から受付開始
下記 及び 申し込みフォームよりどうぞ。

レクチャー受講申し込み・問い合わせフォーム

※ 携帯メールアドレスをお使いになってのお申し込みの場合、「so-net.ne.jp」からのメールをお受け取りいただけるよう、ドメイン指定受信等の設定をお願いいたします。

主催 大倉山古楽サロン T. 045-532-2696 F. 2697(神戸)
予告

いずれも桒形亜樹子先生

その2:2016年10/9日(日)13時 舞曲を弾こう!
試奏曲は、フランスバロック作曲家のメヌエット、クーラント、サラバンドなどの舞曲。
L.クープランなどの17世紀やフランス以外の作品でも構いません。
(受付開始9/1)

その3:2016年11/6日(日)13時 標題音楽に親しむ
試奏曲は、ダカン:カッコー、ツバメ。
ラモー:ため息、優しい嘆き。F・クープラン:恋の鶯などの標題付きの曲。
(受付開始10/1)

▲このページのトップにもどる


ヴィオラ・ダ・ガンバ コンサート

第3回バス・ガンバとチェンバロで聞く ドイツ編

初めて作曲家による自作自演曲があり、作曲家と演奏家のちがいに目を見張りました。
午後と夜の二部も初の試みで多くの方にお越しいただき有難うございました。

チラシ

日 時 2016年5月28日(土) 15:00開演
午後の部15:00開演14:30開場
夜の部19:00開演18:30開場
場 所 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
出演者
  • 神戸 愉樹美(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
  • 坂 由理(チェンバロ)
    • 東京藝術大学作曲科卒業。
    • アリエノール・ハープシコード作曲コンクール奨励賞受賞
曲 目
  • J.J.フローベルガー: トッカータ 2番 ニ調/カプリッチョ 18番 ハ調
  • J.S.バッハ: トリオ・ソナタ ニ短調 BWV527
  • C.Ph.E.バッハ: ガンバ・ソナタ ニ長調 Wt137
  • 坂 由理:Pendulum 元に戻らぬ振り子

    -ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための 初演

入場料 要予約 先着 25 名 入場料(茶菓付き) 2000 円
(パトロン席4席 4000円/大学生 1500 円/高校生以下 1000 円)

▲このページのトップにもどる


★ピアノを弾く方のためのチェンバロ講座

「チェンバロの魅力 -バッハ-」その3

チェンバロのような高貴な楽器は見るもの聴くものでしたが、
触れる体験をさせていただき大変嬉しく感謝しています。と感想をいただきました。

今回も、前回と内容は同じでバッハを取り上げて、ピアノとはここがちがう!という、チェンバロの魅力や可能性を体験していただきます。

第一部は講師による楽器や奏法の説明と演奏、第二部は試奏希望者に試奏です。講師からのコメント、質疑応答など楽しい雰囲気で行います。

専門家から初心者や子供まで、試し弾きをせずに聞くだけでもご参加いただけます。

チラシ

日 時 日時:2016年3月6日(日)13時〜
会 場 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
講 師
  • 山口 範子(ご経歴は前回をご参照下さい)
曲 目
  • 第一部 楽器と奏法のお話しと演奏
  • 第二部 試奏希望の皆様の演奏
参加費 大人 2,000円 / 子供 1,000円 / 大人の聞くだけ 1,500円
試奏をご希望の方

予約時に試奏希望とお申し出下さい。
先着順で7人までです。今回の試奏枠は満員になりました。聞くだけ枠はあります。
曲目は、J.S.バッハのインヴェンション、シンフォニア、
フランス組曲などの鍵盤曲、またはバッハ以外の作品から、
6-7分位をご用意いください。
先生のご指導の下で1人20分位試奏できます。

使用楽器 堀栄蔵・池末隆 1983作 フレンチ・フレミッシュ
二段鍵盤  8’8’4’ 音域C1-e3
主催 大倉山古楽サロン T. 045-532-2696 F. 2697(神戸)

秋からはフランスの装飾と舞曲を計画中です。

▲このページのトップにもどる


お話を伺うシリーズ

「胡弓の歴史的画像を観る会」

胡弓の演奏家・音楽学者・愛好家がお集まりくださり、
講師の地道で最新の研究成果に、みな驚きを持って鑑賞させていただきました。
ご好評に付き土日に再度企画予定です。

チラシ

日 時 2016年2月25日(木)13時~
場 所 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
講 師
  • 加納マリ 音楽学(日本音楽)
  • ご経歴:武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了、芸術学修士。 ハワイでの環太平洋ガンバ大会2007で胡弓の演奏を交えて紹介。 武蔵野音楽大学非常勤講師 1982~1985年 東京国立文化財研究所芸能部非常勤研究員 舞楽についての研究を続け論文多数。 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター共同研究公開講座(2009)「胡弓の源流と受容」。 2003年から文化庁芸術祭音楽部門等の審査員。
入 場 大人2000円 学生1000円
主催 大倉山古楽サロン T. 045-532-2696 F. 2697(神戸)

▲このページのトップにもどる


ヴィオラ・ダ・ガンバ コンサート

第2回バス・ガンバとチェンバロで聞く フランス編

チラシ

日 時 2016年1月23日(土) 15:00開演
場 所 横浜 大倉山古楽サロン(東横線大倉山下車12分) >>地図
出演者
  • 神戸 愉樹美(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
  • 山口 範子(チェンバロ)
曲 目
  • マレ:2巻より組曲ロ短調 リュリ氏のトンボー 他
  • フォルクレ:組曲第5番ハ短調 ジュピター 他
  • ローブ:地歌
入 場 要予約 先着 20 名 入場料(茶菓付き) 2000 円
(パトロン席4席 4000円/大学生 1500 円/高校生以下 1000 円)

▲このページのトップにもどる


●新しく「お話しを伺うシリーズ」をはじめます。

日本の胡弓は、日本唯一の伝統的な擦弦楽器です。ガンバと同じように馬の尾の毛で擦る日本の楽器でどうやら関係があるようです。

胡弓は、17世紀初頭に文献に記されましたが、その後の史料は整備されておらす全貌はわかりませんでした。

今回は、画像を蒐集して研究された加納マリさんが、元禄時代までの凡そ50枚の画像を文献と対照しながら解説をして下さいます。

資料の性格上、高画質で公開されにくいので貴重な機会だと思います。昔と今の胡弓はちがったのかしらなど、ご興味のある方でしたら何もご存知なくても、また愛好家から専門家まで、気楽にご参加いただけます。お茶を飲みながら楽しいひときをどうぞ。


  • ★ピアノを弾く方のためのチェンバロ講座 「チェンバロの魅力 -バッハ-」その2

    初心者もピアノのプロも音階からその感触をあじわって成果を挙げました。

    前回は試奏希望の方が多かったので、今回も10月18日と内容は同じでバッハを取り上げて、ピアノとはここがちがう!という、チェンバロの魅力や可能性を体験していただきます。講師の演奏、奏法の説明、楽器に触れたいかたの試奏、講師からのコメント、質疑応答など楽しい雰囲気で行います。専門家から初心者や子供まで、試し弾きをせずに聞くだけでもご参加いただけます。

    使用楽器:堀栄蔵・池末隆 1983作 フレンチ・フレミッシュ | 二段鍵盤 | 8’8’4’ | 音域C1-e3

    【試奏をご希望の方】
    予約時に試奏希望とお申し出下さい。先着順で7人までです。

    曲目は、J.S.バッハのインヴェンション、シンフォニア、フランス組曲などの鍵盤曲、またはバッハ以外の作品から、6-7分位をご用意いただき、先生のご指導の下で1人20分位試奏できます。

    ▲このページのトップにもどる


  • ★ピアノを弾く方のためのチェンバロ講座 「チェンバロの魅力 -バッハ-」

    チェンバロの扱い方入門の格調高いレクチャーの後、
    初体験の感動あふれるチェンバロ体験会となり、ご好評のうちに修了しました。

    今回はバッハを取り上げて、ピアノとはここがちがう!という、チェンバロの魅力や可能性を体験していただきます。講師の演奏、奏法の説明、楽器に触れたいかたの試奏、講師からのコメント、質疑応答など楽しい雰囲気で行います。専門家から初心者や子供まで、試し弾きをせずに聞くだけでもご参加いただけます。

    使用楽器:堀栄蔵・池末隆 1983作 フレンチ・フレミッシュ | 二段鍵盤 | 8’8’4’ | 音域C1-e3

    試奏をご希望の方は、申込時にお申し出下さい。

    曲目は、J.S.バッハのインヴェンション、シンフォニア、フランス組曲などの鍵盤曲、またはバッハ以外の作品から、6-7分ぐらいをご用意ください。

    ▲このページのトップにもどる